アンペレーナ百道 カラダほっこりゆるゆる体操
| コメント(0) | トラックバック(0)

皆さま、「フレイル」という言葉を耳にされたことがありますでしょうか?

「フレイル」とは、健康な状態から要介護に移行する中間の段階のことを言います。
年齢を重ねていくと、この「フレイル」の時期を経て、徐々に要介護の状態になると考えられており、「フレイル」の過ごし方によっては、要介護にならずに健常な状態に戻る時期とも言われています。
アンペレーナ百道では、「フレイル」予防の一環として、職員の理学療法士が主催する「カラダほっこりゆるゆる体操」を開催しています。
ご入居者の健康維持・介護予防にアンペレーナ百道全体で取り組んでいます!

2020.2.6yuruyuru01.JPG
2020.2.6yuruyuru02.JPG
椅子に座って上半身の簡単なストレッチなど、自宅でもできる運動です!
2020.2.6yuruyuru03.JPG