アンペレーナ百道 感染症リスク対策
| コメント(0) | トラックバック(0)

アンペレーナ百道では、出入口に「次亜塩素酸水※」を含侵させたマットを敷き、靴底も消毒するようにしています。

靴底に菌が付着したまま館内を歩行すると、フロアに菌が滞在がする恐れがあり、感染リスクが高まります。

靴底にも消毒を行うことにより、感染予防をさらに強化しております。

2020.5.1_1 .jpg

↑「次亜塩素酸水」を含侵させたマットです。

2020.5.1_2.jpg

↑「業者さま」専用入口にも設置しております。※「業者さま」が入館できるエリアは制限しております。

【次亜塩素酸水について】

jiaensosansui.jpg

※アンペレーナ百道では、開設当初より「次亜塩素酸水」を製造する機械を導入しており、日々消毒等に活用しております。また館内には常に自動で空間に噴霧され、除菌、消毒等も行っております。