6つの
ポイント
一般住戸の
ご案内
介護住戸の
ご案内
施設概要
環境
アクセス
お問い合わせ

アンペレーナ百道

ご入居者の生活に寄り添う
「もうひとりの家族」でありたい。

館長 野見山 博吉

ご入居者の生活に寄り添う「もうひとりの家族」でありたい。
トップページ > インタビュー:館長 野見山 博吉

「生涯現役」「生きがいと安心の両立」を叶える
上質なサービスと空間がここに

 西部ガスグループが提案するシニアの邸宅「アンペレーナ百道」のホームページにご来訪いただき、誠にありがとうございます。私たち「アンペレーナ百道」のスタッフは、ご入居者がいつまでも現役で楽しく、そして生きがいを感じながらお過ごしいただけるよう、お一人おひとりの生活に寄り添い、きめ細かなサービスを提供することを心がけています。その中で全員が大切にしている言葉があります。それは、「私たちはもうひとりの家族です」という言葉です。「自分がご入居者のご家族であったらどうするか」という気持ちを忘れず、ご入居者が何を望んでいらっしゃるのかを常に考え、真心をこめてお手伝いすることが、私たちのつとめであると考えています。

 「アンペレーナ百道」が立地する百道浜は、福岡都心部や空港へのアクセスも良好で、博物館や図書館などの文化施設や商業施設、エンターテインメント施設、総合医療施設も充実しています。館内は気品あふれるエントランスホールや高級ホテルのような居住空間、さらには福岡市内を360度見渡せる24階スカイラウンジなど、空間設計にもこだわっています。美味しい食事、四季折々の多彩なイベントもご好評をいただいています。もちろん、看護・介護スタッフが24時間体制で常勤していますので、毎日安心してお過ごしいただけます。お困りのことがございましたら、「もうひとりの家族」である私どもスタッフに何でもお気軽にお申し付けいただければと存じます。

看取り介護までもさせていただく
終の棲家として

 「アンペレーナ百道」といえば、生涯現役で過ごしていただくための「生きがいと安心の両立」というコンセプトが注目されがちですが、実は、看取り介護までもさせていただく終の棲家としての役割こそが「アンペレーナ百道」の真価であると考えています。「介護が必要になっても、今まで通り自分らしく生き生きと過ごしていただきたい」という思いから、介護フロアのご入居者を対象にした日帰り旅行をはじめ、天神のデパートや百道地区の新名所・マークイズ福岡ももちへのショッピングツアーなどを定期的に実施しています。もちろん、介護・看護スタッフが同行いたしますので安心です。

館長 野見山 博吉

選べるサービスをご提供できる施設へ
更なる進化を続けます

 さて、私ども「アンペレーナ百道」では、2008年開設以来、これまで培ってきた「アンペレーナ品質」に磨きをかけ、日本有数のサービス品質を提供する素晴らしい施設づくりを目指し、進化・成長していきたいと考えています。その一つの回答として、現在進めているのが「選べるサービスをご提供できる施設づくり」です。例えば、理美容部門の充実。これまで理美容サービスにおきましては、理美容師の経験・知識・技能に加え、ご高齢の方や体の不自由な方などへの正しい介助知識を身に付けたスペシャリストである福祉理美容業者様にご担当いただき、よりハイグレードな理美容サービスをご提供できる環境を整えました。また、お食事サービスでは、これまでもAセット、Bセットといった複数のメニューから選べるスタイルをとっていましたが、今後はさらに色々なアラカルトを増やし、その日の体調や気分に合わせて、様々なメニューからお選びいただけるようなダイニングへと進化しております。おすすめは、西部ガスグループの福岡中央魚市場から直接仕入れた高級鮮魚を使った料理の数々で、特に鯛茶漬け、あんこう鍋、のどくろの塩焼きなどが好評を博しています。今後は、理美容、食事のみならず、すべてのことに渡って「選べるサービス」をご提供できればと思っています。

自分らしく輝く
第二の人生をこの場所で

 晩年を「人生の夕暮れ時」と例えることがあります。ただ私たちは思うのです。人生の夕暮れ時とは、いたずらに暗く沈むことではなく、日中よりも劇的に美しく、明るい未来につながっている時間なのだと。「アンペレーナ百道」が立地する百道浜は、県内屈指の夕景名所として知られています。荘厳に輝く夕日、美しく色づく空と海。百道浜の絶景に新たな彩りが加わりドラマティックな時間が創出されていくのです。人生もきっと、夕暮れの時間こそが素敵。これまで歩んできた道を賞賛し、これから歩んでいく道を輝かしいものにする、そんな光に満ちた日々に例えられるのではないでしょうか。高級リゾートホテルのようなロケーション、上質な設備や居住空間、そして「もうひとりの家族」によるきめ細かな介護・看護サービス...。人生の最期まで自分らしく輝いて生きる。そのために必要なものが、ここ「アンペレーナ百道」にはあります。

アンペレーナ百道イメージ